第97回 絶望編:《いよいよ…ダメダメ》

どうも

梅雨は好きじゃないです。。。

で、今回は
「ヤメる」について
いよいよ直接的に触れ出し始める回になります。

 

前回は、番組をヤメるという話で
今回は、お笑いを「ヤメる」に向かい。。。

ただそれはどういった意味合いか?

そこに至るまでに起きた大事件!

レギュラー○○

ま、そのことは本編では話足りてない部分があるんだけど
「ライブという表現の場所に今一度注力したい」という
こちら側の希望が、なんらかのねじ曲がりで
そう影響してしまったのかな?ということもある

つまりは、自縛に繋がるんだけど。。。

このことにいついては
次の収録の際にまた詳しく話します。

ま、ただ、個人的な印象としては
本編で話しているような事があった、

ま、あまりにも極端な取り計らいだったから。

ただ、一応気を使いつつ話している、ここでのこの展開も
今後の話を聴いてもらえれば、
真意は今どっちかな?と探っているそのことも
その天秤がどっちかに傾くと思う。

あとは、やはり皆も気になるところだと思うし
一人歩きしている印象や、誤ったイメージがあるポイントでもある「音楽」
その音楽が深まった経緯や理由などなど
俺にとってはごくごく自然な経緯
それについても、話してる。

ま、これも、「俺」だから仕方なかったのかなと思う。

そしてまた最後に、フリ部分だけになるんだけど

大事件。。。

これによって、いよいよ半分、、、

 

で、次回から、いよいよ・・・

 

では、

ひと先ず、キーテみてください。

コメントを残す