第16回:上京編 ~ふたりが出会い、お笑いを目指すようになるまで~《コンビ結成までのカウント3!その3》

ども

 

 

前回は、コンビ結成:お笑いの道を選択するに至った
大きなキッカケ3つのうち、2つ目を話しましたが

 

今回は、その3つ目を話します。

 

今回も、ジワジワと好評になってきている
作家:ナカムラのチクリと厳しい微毒?美毒?トークから始まってます。

 

自身も
皆が、関係者が
彼のコメントや考え方…、そこに共感して、好感を抱いてくれていることは
もう一つのあるべき姿であって、とても健全だと思うので
うれしく思ってます。

 

今の、超若手お笑い観の話をしてますが

それも結局、このストーリーには大きく影響してるし
こうやって話すことは、最後の展開にも繋がってくることなので
よろしくね。

 

さてさて

それはそれとして…

 

今回は
キッカケ3つのうちの最後!

3つ目のキッカケについてです。

 

ただ、前半ね!

前半というか、導入の所ね。

(録った尺の関係で、そうなってしまったらしい…)

 

ちなみに
過剰に引っ張るつもりはないので
ご了承ください。。。

 

また後日、アレコレのコメントをします。

 

ひと先ず、キーテみてください。
.





.

※写真は、いつかの回で話した

オレが現役中(23-4歳の頃かな?)に
漫画雑誌(ビッグコミックスピリッツ)のコンテストに出したという
例の先生を主人公にした作品。漫画版:先生のテープ。

その原稿です。
テープを探してたんだけど無くて、
でも、これはあった。

また機会があったら
これをナゾリながら話したり?
見せてもいいかな?

何かしら公開できるとイイかもね。

ちなみに、
作脚本演出は自分で
作画は、パートナーです。

実は、

この画を担当したのは、
元太田プロの漫才師
【コロンボ】のシンゾーさんなんです。

 

 

 

では

 

 

 

 

コメントを残す