第11回:上京編 ~ふたりが出会い、お笑いを目指すようになるまで~《高校時代の詳細とエピソード》



 

 

また寒っ。

一瞬暖かくなったけどまた寒くなったなぁ。。。

 

さて、前回は

「どんな高校生だった?」…とサブタイしたけど

どっちかというと共通の「笑い」

感覚的な要素…についてのあたりの話だったね。

 

今回は

「どんな高校生だった?」

そのサブタイ通りの話しかな。

第11回:上京編 ~ふたりが出会い、お笑いを目指すようになるまで~
《高校時代の詳細とエピソード》

 

エピソード的な内容です。

 

ま、ここらあたりで
オレ自身のそもそものキャラクターとか
オレ自身の笑いの原点がクッキリとうかがえるかと思います。

そうなの!
感覚的な発想と同じくらい
「イ〇ズ〇」感覚が
ボクの笑いの原点なんです。

 

ネタでも遊びでも振舞いでも
そういった視点で見てもらえると
その原点の感じを感じられると思うよ。

こうなると

もぅ、ますますボキャブラ時代の俺のキャラに
違和感ある事がわかると思うなぁ。

 

あそこにいた人間は、もはや別人だよね、悲しいかな。

 

ちなみに
今回のこの企画…

「とにかく全部話す!」ってコンセプトで

ホントその通りに現場でも話して録り進めてるんだけど
データの上がりを聴くと

「あっ、これはやっぱカットした方がイイかなぁ~???」

なんて箇所がチラホラあるんだな(笑)
ただ、そこカットしてしまったら
今後も、なにかって時には都合良く切り貼りして
結果、ヌルユルな気配が付き纏いそうな事になるので

ま、「きっとわかってくれるだろう!」と

みんなを信じて、出すことにしたよ。
しかし、ガキの頃の話をこの歳でするのは

変なリスクあるね(笑)

.





.
※写真は、高3に上がった時に撮ったクラス写真。

そもそも強制丸刈りだったこの高校だけど
高2の途中で、丸刈り制度が完全廃止になったんだ。

髪伸ばして良くなったもんだから
ここからアレコレ過激になってしまったわよ。

 

 

では

コメントを残す