第1回:まえおき

お待たせしました。

やります…と言い出してから
数か月遅れましたが
いよいよ、始めていくことになりました。

周りの印象的には
上昇期での”突然な水面下での解散”となっている
変な名前のコンビ名「フォークダンスDE成子坂」
というお笑いコンビが解散に至った経緯…

フォークダンスDE成子坂…は、
どんな奴らで、どうデキて、どうなって、何をやって、何があって、
どうしようとして、どうなって、どういうつもりで、どんな風に、どう終わったか?
の真実を全て伝えたく
解散から16年が経った今、それを話そうと思っています。

今回は、その第一回目【まえおき】です。

基本的には、毎回20分程度で区切っていこうと思いますが
初回のみ30分あってしまいます。。。

題して【自吐-JIBAKU-】

少し長いかっも?ですが、よろしくね。

また、もっと長い方がイイ…とかあったらお伝えヨロしく。

 

ちなみに、
”かっも”は、ちょっとイタリアっぽかったので
修正せず…残した。

では…!

One thought on “第1回:まえおき

  1. 桶田敬太郎様

    鹿児島県からコメントをさせて頂きます、28才男です。

    このたびは、ポッドキャスト配信、誠に有難うございます。

    お聞きしてみたいことは山積みですが、今回は大きく2つに絞りたいと思います。

    ①現在、解散することなく活動を続けていたとしたら
    (渚さんがお亡くなりになった中、非常に心苦しい想像かと思い、失礼は承知なのですが、、)
    フォークダンスDE成子坂は、「今」のお笑い界で、どんな売れ方をし、どういった立ち位置になるとご想像されますでしょうか。

    ②業界から遠ざかっていた期間に「生まれてしまった笑い」はどのように消化されましたか。

    機会が御座いましたら、是非お話お聞きしたく思っております。

    今後の配信も楽しみです。何卒、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す